コンビニポイント得技

コンビニ系ポイントをザクザク貯めて上手に使う方法を発信します

コンビニのポイントカードは還元率に注目しよう

time 2017/06/28

使うたびにどんどん貯まるコンビニのポインtですが

思ったよりたまっていないと感じたことはないでしょうか?

一体自分が使っているポイントカードが

いくら購入するとどれだけポイントが入ってくるか

分かっていない方も多いのではないでしょうか?

お得なポイントカードは還元率で考える

還元率って何?という方に、簡単に説明します。

  • コンビニエンスストアで100円の商品を購入。
  • ポイントカードを提示し支払う
  • 1ポイント獲得する

この場合、100円の支払いで1ポイントですので

1÷100=0.01➡1%

支払いの1%のポイントを得ていますので

還元率1%ということになります。

200円で1ポイントの場合

1÷200=0.005➡0.5%

還元率0.5%です。

これはクレジットカードの還元率でも同様の考え方です。

どちらがお得かというと当然、還元率の数値が大きいほう

つまり還元率1%の方がお得になります。

たかがそれだけと思う方もいるかもしれませんが、

これが1万円分となると

還元率1%ならば100ポイント(100円分)獲得するのに対し

還元率0.5%だと50ポイント(50円分)獲得にとどまります。

その差はわずかかもしれませんが、

長い目で見ると大きな差になります。

もちろんポイントを集めることをしていない方は

1円もお得になりません

わずかでもコツコツ貯めていくのが

ポイントカードの正しい使い方ですね。

ちょっとしたテクニックで還元率を上げることができる

ここまで分かれば、気づく方も多いと思いますが、

ポイントを効率よく獲得するというのは

還元率を上げるということになります。

普通にコンビニで買い物するだけでは還元率は上がりませんが

ちょっとしたテクニック使えばポイントが2倍3倍と

獲得することができますよ。

簡単に還元率を上げる方法として、

RポイントとサークルKサンクスを例に挙げてみます。

Rポイントは普段は100円で1ポイント獲得します。

火曜日はポイント2倍になります(100円で2ポイント獲得!)

クレジットカードの楽天カードでの支払いにすると

さらに100円で1ポイント獲得です。

まとめると

サークルKサンクスで火曜日に楽天カードで支払いすると

100円で3ポイント獲得できます。

つまり還元率3%になります。

もちろん他のポイントカードでも同様に還元率を上げる方法がたくさんあります。

時には複数のポイン獲得も可能です。

お得になるテクニックを今後も紹介していきたいと思います。

down

コメントする