コンビニポイント得技

コンビニ系ポイントをザクザク貯めて上手に使う方法を発信します

コンビニの種類と使えるポイント

time 2017/06/26

全国には数々のコンビニエンスストアがありますが

ここではコンビニエンスストア以外でも使える

共通化されたポイントを扱うコンビニを紹介していきます。

簡単に言うとnanaco Tポイント Rポイント ポンタ WAON

そしてdポイントのことを共通ポイントとして考えています。

nanacoはセブンイレブンで使える電子マネー

全国で最大手のコンビニエンスストア、セブンイレブン。

「セブンイレブン、いい気分♪」はもう古いのでしょうか?

2010年でこのスローガンは終わったらしいです。

それはさておき、セブンイレブンで使えるポイントはnanaco(ナナコ)です。

nanacoはポイントカードではなく電子マネーです。

しかし、通常の買い物をすると100円で1ポイントが付く

ポイントカード機能がついています。

ポイントカードと違うのはカードに一度お金をチャージ(入金)するということです。

入金はセブン銀行やnanacoチャージ専用機がありますが、

一番簡単なのはセブンイレブンのレジでチャージするのが分かりやすいと思います。

ただ、これだとnanacoを使った本当のお得感は得られません。

実はnanacoのチャージはクレジットカードで行うことができます。

そして、いくつかのクレジットカードでチャージを行う時に

ポイントが付くカードがあります。

これを利用すればチャージでポイント獲得、nanacoで買い物して1ポイント獲得と

ポイントの2重取りが可能になります。

他にもnanacoには公共料金支払いやクオカードを使ったポイント3重取りなど

ポイント獲得の得技がまだまだありますので今後詳しく解説していきたいと思います。

WAONはミニストップで使える電子マネー

次に電子マネー繋がりでWAONを紹介します。

WAONもnanacoと同様電子マネータイプでミニストップで使えます。

ミニストップと言えばハロハロやソフトクリームなど

フードメニューに特徴がありますね。

ミニストップはイオン系列のコンビニで、

WAONもイオングループが発行しています。

ただ、ミニストップだけでお得感を出そうとするのは

難しいと思います。

クレジットカードでのチャージもごく限られたカードですし、

WAON利用も200円で1ポイントと、

nanacoの半分しかポイントが付きません。

と言ってもイオングループが取り扱っているので

イオンが近くにあり、よく利用している人には

かなり使える電子マネーだと思います。

Tポイントはファミリーマートで使えるポイントカード

共通化された代表的なポイントカードがTポイントですね。

nanaco、WAONと違って、純粋なポイントカードです。

もともとTSUTAYAの会員カード兼ポイントカードだったのですが

ファミリーマートがTポイントを扱うようになってから

一気に利用範囲が広がってきましたね。

ただ、本音を言うと、ファミリーマートでは200円で1ポイントなので

ファミリーマートのみでの利用ではお得感はさほどないと思います。

現在はファミリーマートの他に

エディオン、洋服の青山、ガストなどがあります。

また、ネットショッピングではYAHOOショッピングやLOHACOで使えます

最近は、えっ、こんなところでも使えるの?と思うこともあるくらい

提携しているところが多くなっていますね。

このようにTポイントの強みは貯めて使えるお店がたくさんあるというところです。

そして私がよく貯めて、よく消費しているウエルシアなら

還元率2%以上も可能なので今後、得技をアップしていきたいと思います。

RポイントはサークルKサンクスで使えるポイントカード

サークルKサンクスで使えるのがRポイントカード。

正直なところ、Rポイントカード単体としては

ミスタードーナツや出光のガソリンスタンドなどがありますが

それ以外にあまり共通化されていないポイントカードですが、

Rポイント=楽天ポイントとして使うことができます。

楽天ポイントといえばもちろん通販大手の楽天市場。

楽天市場で使えるというのが大きなメリットになりますね。

また、楽天市場でもらえる期間限定ポイントが

Rポイントとして消費できるのが大きいです。

私もサークルKで買い物をするとき、

期間限定ポイントを使うことがあります。

最近、ファミリーマートに吸収合併されることとなり、

今後、サークルKサンクスがどうなるのか、

ポイントがどうなるのか気になるところです。

ポンタはローソンで使えるポイントカード

Tポイントに対抗するように登場したポンタ

ポンタを貯めて使えるコンビニはローソンですね。

またTポイントと同様にポンタもローソンの他に

ゲオや昭和シェル、ケンタッキーなどで貯めたり使ったりできます。

また、リクルートポイントとPontaが提携、ポイント移行できるようになったため

リクルートホールディングス運営の「ホットペッパー」や「じゃらん」で

使えるようになったのが嬉しいですね。

私もリクルートポイント貯めており、ポンタも合わせて

「じゃらん」で使って旅行のためにお得に使わせてもらっています。

dポイントの登場でどちらがお得なのか?

実はローソンではポンタの他にdポイントというポイントカードも貯まります。

(併用で同時に貯めることは無理)

このdポイントが貯められるクレジットカードのdカードを使って

ローソンでお買い物をすると、なんと3%OFFになります。

また、呈示で1ポイント、100円で1ポイントdポイントが付くので

5%もお得になるという衝撃のカードです。

しかもdポイントとポンタは相互交換可能なので

ローソンのみで考えるのなら、dカード利用がお得ですね。

down

コメントする